ブッキングテーブル いつでも、美味しい予約を。

牡蠣をはじめとする季節の旬食材が美酒とマリアージュ

TOKYO OYSTER BAR (オイスターバー)

日本各地のみならず世界中から届く新鮮牡蠣をおいしいお酒とともに堪能

取材日

オイスターバーは今でこそ一般に浸透しているが、 ほんの20年ほど前までは日本には存在すらしていなかったもの。実は、1999年に日本に初めてオープンしたオイスターバーこそ、 この「Tokyo Oyster Bar」なのだ。
オープン時に掲げたコンセプトは、「日本中の牡蠣、世界の牡蠣をタイムリーに味わえる」こと。
生ガキを中心に様々にアレンジしたメニューを展開することで、多くの牡蠣ファンから支持を得ることに成功し、現在に至っている。

カウンター席ではスタッフと相談しながら好みの牡蠣を選べる
カウンター席ではスタッフと相談しながら好みの牡蠣を選べる

牡蠣は、季節ごとにもっともおいしいもの数種類をそろえているだけあって、鮮度も抜群。たとえば仲春頃には、クマモト(USA)、浦村(三重)、白方(香川)、室津(兵庫)、塔の埼(熊本)、春香(島根)などが入荷するが、それぞれ産地も大きさも味わいも異なるため食べ比べも一興だ。もちろん、時期によっては国産物以外の数が増えることもあり、アメリカ、フランス、南半球など世界各地の味を堪能できる。

食べ比べしたい人にぴったりのメニューは、6種類を2個ずつ、計12個盛り合わせた「Today’s Oyster Sampler(=本日の生牡蠣の盛り合わせ)」。 ※入荷した牡蠣によって値段が異なります
レモンをはじめ、白ワインのソースやタバスコ、チリソースなどバラエティ豊かな調味料が用意されているので、味付けも様々に楽しめるところもポイントが高いが、なんといっても特筆すべきはテーブルに載せられたときの存在感。まるっとした牡蠣が12個も並んだ皿がテーブルに到着するや、瞬く間に気分が高揚することは間違いないだろう。

「Today’s Oyster Sampler(=本日の生牡蠣の盛り合わせ)」。 ※入荷した牡蠣によって値段が異なります
「Today’s Oyster Sampler(=本日の生牡蠣の盛り合わせ)」。 ※入荷した牡蠣によって値段が異なります

また、見た目のインパクトなら「ジャンボ牡蠣フライ」2P 1,280円も負けていない。そのときどきの旬の牡蠣4~5個をひとつにまとめてきつね色に揚げたフライは圧巻のボリューム。さすが“ジャンボ”と名が付くだけあるが、女性ならこの一品だけでもかなりお腹がふくれてしまうのではと想像されるほど。
スタッフいわく、実際に「Today’s Oyster Samper」「ジャンボ牡蠣フライ」の2品だけを食べにくる客も多いのだとか。牡蠣好きなら、それらに好みのアルコールをあわせていただくことは最高の贅沢であるに違いない。

「ジャンボ牡蠣フライ」2P 1,280円
「ジャンボ牡蠣フライ」2P 1,280円

アルコールメニューに関しては、「シャンパンには力をいれている」とスタッフも自信をのぞかせるが、実のところ、ワインをはじめとするその他のメニューの品ぞろえも相当なもの。スッキリした味わいとコク深さのバランスが絶妙な「ミュスカデ ランドロン」4,700円など、牡蠣の旨みを存分に引き出してくれるものぞろい。チョイスに迷ったら、スタッフにアドバイスをもらうのももちろんアリだ。また、この店が蔵元に直々に依頼して造ってもらっているという日本酒「牡蠣じょっぱり」1,200円などの変わり種にトライするのもいいだろう。

お酒とあわせておしゃれな気分でつまみたいなら、「牡蠣のブルゴーニュ風バター焼き(パセリ、ニンイク、バター焼き)」1,680円もイチオシ。たっぷりとのっかった手作りソースを付属のパンにつけていただけば、口いっぱいに広がる香ばしさに頬を緩めずにはいられないはず。

「牡蠣のブルゴーニュ風バター焼き(パセリ、ニンイク、バター焼き)」1,680円
「牡蠣のブルゴーニュ風バター焼き(パセリ、ニンイク、バター焼き)」1,680円

提供する料理は基本的に、その日入った食材に合わせて変えている。そのため、メニューの擦り直しは毎日。レシピの考案もプリントアウトもスタッフ手ずからおこなうが、そうした丁寧さはお客にもしっかりと伝わっているようで、居心地のよさから足繁く通っては長居する人も多いのだとか。年齢層は幅広く、70歳前後の舌の肥えたお客が来店することもしばしばだ。

階によってインテリアの趣向が異なる点もユニーク。こちらは3階
階によってインテリアの趣向が異なる点もユニーク。こちらは3階

心地よく過ごせる空間で旬の食材とおいしいお酒を囲めば、心も身体も存分にリフレッシュできること請け合い。まずはおすすめの2品を、好みの一杯とともに楽しんでみてはいかが?

※本記事は2017年3月22日取材時点の情報です。
※注記のない価格は消費税込みの価格です。

お店の方の紹介

那須 崇文(なす たかふみ)

バーや居酒屋、スペイン料理店などさまざまな職場を渡り歩いた後、「Tokyo Oyster’s Bar」シェフ兼責任者に。

インタビュー

Q.このお店の特徴は?
旬の食材にこだわっているところです。牡蠣だけでなく、野菜や肉もそう。食事からも四季を感じるってすごく大事なことだと思うので。
Q.お客さんにはお店でどんな風に過ごしてほしいですか?
リラックスしてくつろいでほしいですね。うちはアルコールの品ぞろえが多いので、お酒と合わせてお料理はつまむ程度でゆっくり楽しみたいという人も歓迎です。
Q.白金台にも店舗がありますが、メニューは同じですか?
ベースは同じですが、レシピはそれぞれの店のスタッフが考案しているので、店舗ごとに異なる味わいを楽しんでいただけますよ。

お店の情報

店名 TOKYO OYSTER BAR (オイスターバー)
ジャンル ダイニングバー
エリア 品川・目黒・田町・浜松町・五反田
住所 東京都品川区東五反田1‐11‐17日向ビル1~2F

このお店の情報

TOKYO OYSTER BAR (オイスターバー)

ダイニングバー

品川・目黒・田町・浜松町・五反田

東京都品川区東五反田1‐11‐17日向ビル1~2F

予約できるお店を もっと探す

お店を検索

エリアを選択してください