ブッキングテーブル いつでも、美味しい予約を。

恵比寿の隠れ家でとびきりのイタリアンと出会う至福

イタリアンレストラン Buono 恵比寿店

居心地のいい雰囲気と期待を裏切らない味わいが紡ぐ贅沢なひととき

取材日

恵比寿駅から明治通りを広尾方面に進むこと6~7分。
駅周辺に並ぶ数えきれないほどの店には目もくれず、到着までのワクワク感も含めて楽しめる店がイタリアンレストラン、ボーノだ。
ぶ厚い木の重厚なドアやその横に置かれたかわいらしいオブジェは、友人の家に遊びに来たようなアットホームな雰囲気を醸し出している。
店内も、歩くごとに心地よい足音が響く木の床と清涼感のある白壁が、なんとも落ち着いた空間。
カウンターもあるが、テーブル席で肩ひじ張らずにくつろぐのがボーノでのおすすめの過ごし方。
5~6名で訪れるなら、三方を壁に囲まれ半個室スペースとなっているテーブル席もいい。
予約して訪れる人がほとんどなので、予定が決まったら即、席のキープをおすすめする。

落ち着いた雰囲気の店内。<br>右手には半個室として使える席もある
落ち着いた雰囲気の店内。右手には半個室として使える席もある

佐久間丈尚シェフの手がける料理は、イタリアンにフレンチの技法も取り入れつつ、どの一皿でも素材の持ち味を存分に引き出す。

築地で仕入れる鮮魚は、豪快に丸ごと使ったアクアパッツァや香草オーブン焼きで。
テーブルにサービスされると、まずはそのダイナミックな見栄えに思わず歓声が上がる。そして一口食べれば、魚介の出汁と色鮮やかな野菜の旨みが一気に広がっていく。

女性に人気のバーニャカウダ1,580円(税抜、以下同)では旬の箱根野菜をふんだんに用い、素材で四季を感じさせてくれる。

そして佐久間シェフがこれぞとすすめるスペシャリテが、肉料理。
さすが鉄板焼き店でも腕を磨いたとあって、肉の目利きには絶対の自信を持つ。
特撰A5黒毛和牛ランプのグリル150gマルサラ風味のソース3,830円で赤身特有の肉の旨みを楽しむもよし、あるいは同じ特選A5黒毛和牛のサーロインもチョイスして部位の違うお肉の食べ比べもよし。旨味と風味を存分に堪能できる特選A5の黒毛和牛は、舌に乗せたときの柔らかさとまろやかさが特徴。繊細でありながら強烈なインパクトを残すその味わいは、一度食べたら癖になりそうだ。

「まずはタパスをつまみつつワインやビールを楽しみ、パスタをメインに」というやや軽めのディナーも、もちろんぬかりはない。

ワイン、ビールとも相性抜群のタパス
ワイン、ビールとも相性抜群のタパス

たとえば真ダコとセロリのマリネ650円やズワイガニのクロスティーニ630円はきりりとした白ワインやスパークリングワインに合わせたくなるし、トリッパと白いんげん豆トマト煮込み780円やモッツァレラチーズの入ったアランチーネ600円は、赤ワインもいいがビールとの相性も抜群。ここはぜひグループで訪問して何種類ものタパスをつまみたいところだ。

真ダコとセロリのマリネ650円
真ダコとセロリのマリネ650円
ズワイガニのクロスティーニ630円
ズワイガニのクロスティーニ630円
トリッパと白いんげん豆トマト煮込み780円
トリッパと白いんげん豆トマト煮込み780円
モッツァレラチーズの入ったアランチーネ600円
モッツァレラチーズの入ったアランチーネ600円

ほどよくお腹が刺激されたら、自分好みのパスタで満たされたい。フレッシュな雲丹がパスタに絡まる濃厚な味わいは、「おいしい」という言葉すら陳腐に思えるほど。このパスタを目当てに訪れる人も少なくないことが、極上の味わいであるなによりもの証だ。

生雲丹のクリームソーススパゲッティ2,480円
生雲丹のクリームソーススパゲッティ2,480円

記念日、誕生日、パーティー、貸し切りなど、用途に合わせて対応してくれるので、大切な人たちとのとびきり素敵なひとときを過ごせる店であることは間違いない。20代前半から70歳近い世代まで、幅広い世代に愛される店の懐の深さがボーノの強みでもある。料理、サービス、空間、すべてのバランスが調和してこそ、「また行きたい店」になることをボーノは教えてくれる。

※本記事は2017年3月10日取材時点の情報です。
※注記のない価格は消費税込みの価格です。

お店の方の紹介

佐久間丈尚シェフ

佐久間 丈尚(さくま たけなお)

昭和54年、兵庫県で生まれ東京で育つ。祖父が勝浦で民宿を経営していたことから、調理したものを人に出すことに幼い頃から興味を持ち料理人を志す。最初はフレンチに進むが、もともと特定のジャンルに固執せず幅広い知識と技術を身に付けたいという思いもあり、イタリアンも学ぶ。ロサンゼルスのフュージョン料理店に勤務後、日本の各種レストランでキャリアを積み、2015年からBuonoのシェフを務める。

インタビュー

Q.シェフとしての持ち味はどんなところですか?
「自分ならでは」という料理の色は積極的に打ち出さない主義なので、素材の持ち味を引き出すことに面白さを感じます。また、フレンチのテイストも取り入れていますが、最優先しているのはイタリアンのヘルシーさです。こってりした料理は最後まで食べきれなかったり、食べたとしてもお腹がもたれてしまったりする方も少なくありません。どなたにも最後の一皿までおいしく召し上がっていただけるよう、仕上げは重たくならないようにしています。
Q.得意な肉料理への思い入れを聞かせてください。
ホテルの鉄板焼きレストランで勤めていた経験を生かした肉料理には、思い入れは強いです。素材の肉がよければ必然的においしくなるというわけではなく、肉の部位や状態から焼き方を決める料理人の腕が、味を大きく左右します。だからこそ、お客様が「おいしい」と顔をほころばせて食べてくださる姿に喜びを感じます。また、最近は熟成肉を扱うところも増えましたが、きれいなサシの入った和牛ほど、熟成させないほうが本来の味わいが生かされると思っています。
Q.好きな料理はなんですか?
プライベートでは中華が好きで、まかないでもよく作ります。特にお気に入りを挙げるならチンジャオロースです。蕎麦も好きでよく食べます。

お店の情報

店名 イタリアンレストラン Buono 恵比寿店
ジャンル イタリアン・フレンチ
エリア 恵比寿・中目黒・代官山・広尾
住所 東京都渋谷区広尾1-6-8 第2三輪ビル 1F

予約できるお店を もっと探す

お店を検索

エリアを選択してください