ブッキングテーブル いつでも、美味しい予約を。

常連客から外国人旅行者まで虜にする本格インド料理

HALIMA KEBAB BIRYANI

ホール状で仕入れ店でパウダーにするスパイスを贅沢に使い、深みのある味を実現

取材日

上野駅からも稲荷町駅からもアクセスしやすい、インド料理店、ハリマケバブビリヤニ。浅草通りを歩いていると、インド料理の看板が視界に飛び込んでくる。そのインパクトの強さは多くの人の足を止めさせる。そしてメニューをのぞき、店に入っていく。そうやって本格的なインド料理の虜になる人がまたひとり生まれるのだ。

浅草通りを歩いていると目に飛び込んでくる看板
浅草通りを歩いていると目に飛び込んでくる看板

隅々まで掃除の行き届いた清潔感あふれる店内。よくあるインド料理店のきらびやかな華やかさ、にぎやかさとは一線を画す落ち着いた内装で統一されている。テーブルの上にセッティングされたナプキンも、店の心意気の表れだ。とはいえ、サービスに気取ったところは皆無。インド人のホールスタッフの笑顔が、店をさらに居心地のいい空間に仕立て上げている。

店内はいわゆる一般的なインド料理店とは一線を画す高級感が漂う
店内はいわゆる一般的なインド料理店とは一線を画す高級感が漂う

本当においしいインド料理がどんなものか知って欲しいという思いで作られる各種料理は、いい意味で予想を裏切られる。想像を超えたおいしさだ。複雑に絡む何種ものスパイスが絶妙なバランスで1つの味としてまとまっているのは、まさに圧巻。それもそのはず、クミンやシナモンをはじめ、スパイスのほとんどはホールの状態で購入し、店でパウダーにするから風味が損なわれることがない。しかもそのスパイスを一般的なインド料理よりもふんだんに使うことで、これほどまでに深い味わいが生み出されるのだ。

インドは南北で陽気も大きく異なる。冬はそこそこ冷え込む北インドでは麦類の栽培が盛んなので、全粒粉を使用した無発酵のパンであるロティやチャパティが主食となる。また、ラムやマトン、チキンなどの肉を使用した料理も多い。一方、暑さの厳しい南インドでは米作が盛んなため米が主食、料理は北部に比べてかなりスパイシーで、パキスタン料理に通じるものがある。ハリマケバブビリヤニには北部・南部いずれの出身のシェフがいるので、両方の料理が味わえるというわけだ。また、インドにはムスリムも多いため、店で使われる食材は規則にそって処理されたハラルフードのみ。世界各地から訪れる外国人旅行者も安心して食べられる。

「一度食べるとくせになる」と評判なのはパエリア、松茸ご飯と並び世界三大炊き込みご飯にも数えられるビリヤニ。今でこそ日本でもメジャーになったビリヤニだが、ハリマケバブビリヤニでは開店当初からビリヤニのラインナップを豊富にそろえ提供してきた。
とりわけ人気が高いのはラムビリヤニ1,440円。インドでは結婚式や誕生日、パーティーなどで必ず出されるメニューで、上質な骨付きラムと33種類ものスパイスで調理したカレーにバスマティ米を何層も重ね、弱火でじっくり蒸し上げた手間暇のかかった一品だ。骨からほろりとはがれる柔らかなラム肉とスパイシーな味わいは、これまで出会ったことのない味と驚きももたらしてくれる。ボリュームも満点だから、ぜひ複数でシェアして楽しみたい。

ラムビリヤニ1,440円、ライタ(ヨーグルトサラダ)付。ライタはそのまま食べてもよし、ビリヤニにかけて味の変化を楽しむのもいい
ラムビリヤニ1,440円、ライタ(ヨーグルトサラダ)付。ライタはそのまま食べてもよし、ビリヤニにかけて味の変化を楽しむのもいい

ラム ウエチェンナ マムサム1,340円は柔らかい一口大のラム肉を、ブラウンオニオン、フレッシュコリアンダー、ブラックペッパーを加えた風味豊かなココナッツミルクで煮込んだ、南インド料理を代表する一品。タンドリーチキン2ピース1,545円も味がしっかり染み込み安定のクオリティだ。

ラム ウエチェンナ マムサム1,340円、ロティ310円
ラム ウエチェンナ マムサム1,340円、ロティ310円
バターチキンカレー1,340円。店の釜を使って焼いたナン310円はビッグサイズ
バターチキンカレー1,340円。店の釜を使って焼いたナン310円はビッグサイズ

ディナーは飲み放題付きのコースが4,400円から揃い、2名から利用OKというのがうれしい。ランチのコスパのよさもよく知られており、3種類のカレーにナンかサフランライス、サラダ、ドリンクがついたアプサナランチ950円を筆頭に、スペシャルランチのビリヤニセットの人気も高い。昼、夜とも共通しているのは一皿のボリュームがあることと、時には思いがけないうれしいサービスも受けられること。その内容は店を訪れてのお楽しみだ。

ぜひ複数で訪れて料理をシェアしたい
ぜひ複数で訪れて料理をシェアしたい
キングフィッシャー、ゴールデンイーグル各670円などのインドビールのほか、おすすめインドワイングラス670円、ボトル3,090円もそろう
キングフィッシャー、ゴールデンイーグル各670円などのインドビールのほか、おすすめインドワイングラス670円、ボトル3,090円もそろう

常連から大きなバックパックを背負った外国人旅行者まで、客層も幅広い。辛さの調節も可能なので、「これぞインド料理」と納得、満足できる料理の数々を存分に味わいたい。

※本記事は2017年3月9日取材時点の情報です。
※注記のない価格は消費税込みの価格です。

お店の方の紹介

左からホールスタッフのラジェンダル・シンさん、メインシェフのアーマル・シンさん、シェフのSK・ナジュルールさん

アーマル・シン(シェフ)

シェフのシンさんはインド中部のハイデラバード出身。現地でシェフとして腕を磨いた後来日、国内のインド料理店でキャリアを積み、ハリマケバブビリヤニのメインシェフに。ハイデラバードはムスリムが多い地域なのでシンさんもハラルフードを得意とする。

インタビュー

Q.お客様には店でどのように過ごしてもらいたいですか?
社長のザイドアリ・カーンさん:気の合う仲間や家族などグループで訪れ、香辛料がたっぷり使われた本場のカレーの味をぜひ体験してもらいたいです。本場インドの味とはこういうものだったのかと感じていただければうれしいですし、この本場の味をひとりでも多くの方に知っていただきたいと思っています。

お店の情報

店名 HALIMA KEBAB BIRYANI
ジャンル 各国料理
エリア 上野・御徒町・浅草
住所 東京都台東区東上野3-36-7 1F

予約できるお店を もっと探す

お店を検索

エリアを選択してください